ネイティブアドなどでユーザー不利益を無くそう!~効率運営委員会~

SEO

不利益をなるべく無くす

ネットの風評被害に悩んでいる企業は逆SEOで対策しましょう。根も葉もない噂の被害を最小限に抑えることができます。

ホームページ制作を福岡で行なっているこちらに依頼すれば、デザイン性が非常に高いページに仕上げてくれますよ!

SEO

WEBサイトを運営するに当たって必要な事として収益があります。様々な収益モデルが存在し、始めに収益モデルを綿密に練ってWEBサイトをローンチしますが、この時に多くのサイトが利用する収益モデルとして広告があります。広告にも様々な種類がありますが、一般的には広告はユーザーエクスペリエンスを下げると言われていて、無い方が良いとされてきました。これはテレビで置き換えるとわかりやすく、テレビCMが無い方が連続して番組を見ることが可能でユーザーエクスペリエンスは高まります。しかしテレビCMは通常の広告とは異なり、CM自体がコンテンツの一種になっています。言うならばCMもコンテンツで番組もコンテンツで、コンテンツの切れ間が無いように作られているわけです。こういった広告の概念をネイティブアドと呼び、ようやくWEBサイトでもネイティブアド概念も持った広告モデルが登場しています。WEBサイトでいうネイティブアドは、サイト内のコンテンツを邪魔せずに載せる広告になり、中にはコンテンツと関連した広告を載せることもあります。広告配信モデルによって多少異なりますが、自動的にコンテンツを解析し関連する広告を表示する広告モデルも存在します。広告があるという状況は変えずともユーザーエクスペリエンスを改善する事は可能になり、これによってユーザーエクスペリエンスと広告収益を両立しているサイトもたくさんあります。
ネイティブアドは言わば閲覧ユーザーの不利益を極力なくそうという広告概念でしたが、逆SEO対策も似たような対策と言えます。逆SEO対策はSEO対策とは反対の事を行うもので、検索エンジンのアルゴリズムからわざと評価を落とすような対策を行います。これを行なう理由はケースバイケースで変わってきますが、例えば事実無根の誹謗中傷が書き込まれているサイトを逆SEO対策する事で、誹謗中傷された人の不利益を無くすことが出来ます。有効なケースと無効なケースがあり、全てにおいて活用できるものではありませんが、事実無根で誹謗中傷された場合には心強い対策といえるでしょう。逆SEO対策は専門の業者が行なっている場合がほとんどで、依頼料を支払うことで可能になります。

作ったホームページのアクセス数を増やしたいなら株式会社I-STYLEに相談してみませんか?SEOの知識も豊富なのでオススメですよ。

あなたのこだわりをしっかりと守ります!ecサイト構築の依頼なら、確かな結果を残すこちらへどうぞ!依頼者満足間違いなしです。

おもしろい広告でユーザーにアピールしたいのであればネイティブアドとタッグを組むのが一番です、詳しくはこちらのサイトをチェック!

一長一短ある逆SEO対策

SEO

逆SEO対策とはSEOを活用した誹謗中傷サイトの順位を相対的に下げる対策のことで、対策業者は大量のサイトを作成して上位に表示させるように対策を施します。一長一短あり、必ずしも逆SEO対策が良いとは限らないこともあります。

詳しくはコチラ

ネイティブアドを知る

女性

ネイティブアドとは自然な広告概念を指し、コンテンツとの差異を無くすことで自然な流れで広告を見ることが出来るようにします。これによってコンバージョン率を高めることも期待することが出来ます。

詳しくはコチラ

有効ケースと無効ケース

SEO

逆SEO対策には2つの方法があり、悪質サイトに標的のサイトのリンクを貼る方法と、標的のサイトよりも高い検索順位にすることで相対的に標的のサイトの順位を下げる方法があります。有効か無効かはケースバイケースで異なります。

詳しくはコチラ